FC2ブログ
株式会社サンワードは、ドライマーク洗剤ハイベックの製造・卸しを行っている会社です!
HOME商品紹介サンワードのこだわりお洗濯の仕方アイロンのかけ方ハイベックQ&Aお問い合わせ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お洗濯ブログ開設!

お洗濯ブログを開設致しました。

季節に応じた衣類のお洗濯のコツや、ハイベックを使った裏技など、
お洗濯に関する情報をお届けしたいと思っております。

早速第1回ですが、昨日午後からウール100%のコートを洗いました。
洗い上がりはというと・・・、

ウール100%コート

こんな感じに仕上がりました!もちろんアイロンはまだ一切掛けてません!
信じられないと言う方も当然いらっしゃると思いますが、何も難しい事はしていません。
干す前の脱水を強くし過ぎないだけなんです!
目安は脱水をしたあと、干す時に衣類の下から水が落ちるか落ちないか位、
水を含んでる状態がベストです。
そうすると、乾くに従って水はだんだん下の方へ下がって行きますから、その時の水の重みで
シワを伸ばしていくという干し方なのです。
逆に過剰に脱水をしてしまうと、水の重みなどありませんから、シワが全く伸びずに
皆さんの大好き!?なアイロン掛けが大変になってしまうという事に・・・・。

洗濯機のメーカーや種類によって色々だとは思いますが、一応脱水の目安としては、
本回転(回転がピーク)になってから5秒程度で十分です。

今回のウールのコートに限らず、背広やジャケットなども同様の脱水でOKです。
もちろん写真に写っている様にハンガーは厚みのあるボディハンガーをお勧めします。

ただし、衣類の中でセーター類は弱い脱水で干してしまうと、型崩れの原因になりますので、
本回転になって20秒~30秒位の強めの脱水をして軽いセーターであればボディハンガーへ、
それでも重みのあるセーターはハンガーを使わず平らなテーブルなどで平干しをして下さい。

是非お試し下さい。きっと感動の干し上がりになると思いますよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。